どんなときに利用?

学生ローンはどんな場面で利用すれば良いのでしょうか?実は、利用用途が自由であることがほとんどです。先程も述べたように、大学や専門学校の学費の支払や教科書代、サークル活動でユニフォームを買う費用や仲間との付き合いに掛かる交際費など。様々なことに利用できます。

十分にお金があることで、心にゆとりが生まれますし、アルバイトに費やしていた時間を減らして、残りを学業に励む時間にあてることも可能になります。また、将来の夢のため海外へ留学をすることも可能ですし、就活で他県の企業の説明会に行きたいというときにも交通費を気にする必要がなくなるのです。きっと、学生生活がより有意義なものになるでしょう。学生生活のすべてをアルバイトに費やすのもいいかも知れませんが、アルバイト以外にも学生のうちにやっておくといいことはたくさんあるのです。

しかし、これらは正しい用途で借りたお金を使った場合の話です。学生ローンがいくら金利が低く、安全性が高いからといっても、お金を借りるということですので、気を付けなければならないこともたくさんあります。お金が手に入ればよくも悪くも心に余裕ができてしまうものです。

借りると言うことは必ず返さなければならないということです。それを忘れてしまっては、ローンを有効に利用することはできません。お金があると、やりたいことがたくさん出てくるかも知れませんが、自分にとって本当に必要なことにだけ使うようにしましょう。