誰が使える?

学生ローンは誰でも使えるわけではありません。業者が求める条件を満たす必要があります。

基本的に学生ローンの利用は成人した大学生・専門学生を対象に無担保・無保証で貸し付けをしているところがほとんどです。中には、社会人の方でも利用できるところもあります。また、未成年であっても高校を卒業していて18歳以上であれば貸し付けを行うというところもあります。その場合、契約者が返済できない状態になったとき代わりに支払ってもらう必要があるため、保護者の同意を得て保証人なってもらうことが求められます。

安定した収入がない方がお金を借りる場合、返済能力がないという判断になります。ですので、ローンを利用する場合にはアルバイトなどの定期的に収入を得られる手段を確保することが必要です。気をつけなくてはならないことは、収入の基準は業者によって違ってくるということです。この基準は、一般的なキャッシングなどと比べると大幅に低いものですが、もし、アルバイトの収入がそれほど多くないという方は、この基準が低いところを探す必要があるでしょう。

また、ローンの申し込みの際には、学生証やその他の身分証明書が必要になります。業者によっては、借りたお金を何に使うか詳しい用途を電話などで説明しなければならない場合もあります。